0120-983-460

営業時間:9:00~19:00(年中無休)

BLOG

ブログ

2022/07/26

屋根の塩害対策

こんにちは、トラットです

 

早めの梅雨が終わり猛暑かと思ったらまた雨が続いたり熱くなったりと

不安定な天候が続きますが体調を崩したりはしていないでしょうか。

 

またここ最近弊社でも多いのが塩害の相談です。

千葉県は海に面していますので塩害が多いのですが今回は屋根の対策について

 

特に海から5キロ以内にお住まいの方は常日頃お家が潮風にされされています。

わかりやすいのは外から潮の香りがすることです。

また、台風などの強い風の場合は海から10キロ離れた内陸部まで潮風は届くと言われています。

 

そして海から近い場合はやはり内陸部のお家より屋根の劣化も早いです。

一般的な住宅が10年~15年(塗料の種類などによって変わる)に一度の塗装ですが

海から近いお家(海から500m以内の重塩害地域)だと3~5年以内で劣化してしまう場合もあります。

 

屋根を塩害から守るためには早めの対策が大切です。

主な対策としては屋根を塗装するか屋根自体を葺き替えやカバー工法で

変えてしまう方法があります。

 

屋根を塗装する場合、まず水性系の塗料よりも溶剤系の塗料の方が長持ちします。

溶剤とは油性系の塗料で水性系の塗料よりも耐久性があります。

デメリットとしてはにおいがきついのでお住まいになりながら

外壁などを塗装する場合は水性塗料を使用する場合も多いです。

 

トラットではよく外壁には水性塗料、屋根には溶剤塗料を使用します。

もちろん時と場合によりますが。

 

特に塩害の可能性がある地域の屋根塗装に関しては溶剤塗料をお勧めします。

 

また、塗料の種類ですがよくネットでもおススメされているのが

 

フッ素系塗料

無機系塗料

 

です。

こちらの塗料は一般的なシリコン系の塗料に比べて高額になります。

選ぶ塗料によっては倍以上したりします。

 

例えば100㎡の屋根を塗装する場合の例ですが

 

シリコン系塗料

100㎡×平米単価2000円=200000円

 

無機系塗料

100㎡×平米単価4000円=400000円

 

塗料の違いにより塗装に20万円ほどの差があります。

 

無機系塗料は20年ほどもつと言われているので

どちらを取るかはお客様それぞれのご予算次第になると思います。

 

 

屋根の葺き替えやカバー工法はさらに予算がかかります。

最近人気のガルバリウム鋼板の屋根は塩害にも強いと言われています。

ガルバリウム鋼板は耐食性に優れたアルミニウムや亜鉛で

鉄板をコーティングしているのでサビに強い性質を持っています。

 

耐用年数も大体25年~30年と言われています。

 

一概に塩害対策と言っても様々な方法があるため一概にどれがいいとは言えないです。

トラットではお客様それぞれのご予算やお家の状態などによって

ベストなご提案ができるよう日々精進しております。

 

まずはお気軽にご相談ください。

 

 

☆トラットでは建物の無料診断のご依頼も承っております!

 

メールでのお問い合わせはこちら

 

お電話でのお問い合わせは通話無料のお得なこちらの番号から

0120-983-460

 

千葉でのお家の塗り替え、外壁塗装、屋根塗装、屋根の葺き替えはトラットで!

株式会社TLATO 

 

 

 

CONTACT

お問い合わせ

電話で問い合わせる

フリーダイヤル

0120-983-460

トラットは千葉を拠点に幅広く対応させていただいております。

千葉市中央区、千葉市美浜区、千葉市稲毛区、千葉市花見川区、千葉市若葉区、千葉市緑区
習志野市、船橋市、八千代市、四街道市、佐倉市、八街市、その他千葉県全域対応